社会福祉士国家試験「過去問」基本学習法!10倍効率的に学ぶ合格術

社会福祉士国家試験「過去問」の基本学習法!10倍効率的に学ぶ合格術

社会福祉士を目指す方への学びやソーシャルワーク実践に取り組まれる方のサポートしている森山です。
社会福祉士・パーソナルコーチとして「学び」や「価値の生み出し方・届け方」「起業家として稼ぐ方法」などについてブログ・YouTubeなどで情報発信をしています。

 

Youtubeでも情報発信しています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

今回は社会福祉士国家試験合格のための学習効率を最大化させる過去問の使い方をお伝えします。

Youtubeで動画解説をしていますのでぜひそちらも参考にして見てください。

模擬試験の成績が振るわないとか、勉強の進み具合が芳しくない…。

現段階で思うように知識を身につけられていないという方は、過去問を使いこなし、知識がみるみる定着して問題が面白いように解けるようになる方法を理解できるはずです。

絶対に合格したい…。

そんな強い思いを持った方で、忙しい毎日の中でもしっかり勉強して合格を勝ち取りたいという方はぜひ最後までチェックしていただければと思います。

社会福祉士国家試験→幅広い範囲に苦戦

社会福祉の国家試験の特徴はなんといってもその試験範囲の広さにあります。

幅広い出題範囲の中で、中には重箱の隅をつつくような問題も出されますが、大事なのは慌てず、「合格する」と言うことに焦点を当てて学びを進めることですね…

目的をしっかりと意識しながら、今の自分にできることを見定めて集中して取り組むこと!

これができる人が合格をして社会福祉士としてのキャリアを歩み始めます。

ただ、「目的」を見失って自分を成長させることができない人はなんとかして「目標」を定めて行動し、必要な知識について理解を進める必要がありますよね?

そういった意味で「過去問」を効果的に使い、効率よく知識を身につけていくことに今すぐ取り組まなくてはなりません!

社会福祉士国家試験の過去問題集を効果的に活用!

社会福祉士国家試験は「過去問」を活用した学習方法がオススメです。

「実際に出題された問題」から把握できること、学べることは多く、過去問から学び取れるものはしっかりと学び取る意識が大事ですね。

とはいえ、過去問の効果的な使い方がわからないとか、「過去問を使っても全然点数が伸びない」というお悩みを抱えた方が非常に多いです。

そんな方にお伝えしたいのは、「解くだけではNGですよ!」ということです。

社会福祉士国家試験「過去問の使い方」→解くだけはNG

社会福祉士の国家試験に合格したいのであれば、過去問は学習の進捗度合いに応じて使い分けることが重要です。

何度も問題を解くだけではいけません。

それも勉強したことにはなるでしょうが、「合格に向けて知識を身につけた」ということにつながらない可能性が高いからです。

合格するためには「知識を身につけること」が大事ですよね?

「問題を解けるようになること」こそが大事なわけです。

そのために過去問をどう使うえばいいかをしっかりと考えて、目的を持って目の前の1位時間を有効に使って勉強を進める必要があります。

では実際にどうしたら良いのか?

その具体的な方法を見ていきましょう!

 

社会福祉士国家試験勉強法①全体の把握

社会福祉士の国家試験では、どういう科目からどんな問題がどんなふうに出題されるか?

こういったことを確認するのに過去問は最適です。

過去問3年分くらいをざっと見渡して把握し、全て解いてみるくらいの時間を十分に用意して、全体像を把握しましょう。

これができたら次のステップです。

社会福祉士国家試験勉強法②:知識を深める

 

社会福祉士として身につけておくべき必要な知識であり、国家試験で問われるような知識を身につけるために、重要度が高い頻出項目から学びを進めるのがオススメです。

3年分くらいの過去問を把握すると、「何が狙われやすいか?」「よく見かける単語」などがわかるはずです。

そういった項目から学びを進めましょう。

ただ、学んだからすぐに知識が身につき、特典できるようになるわけではありません。

「合格」問い目標に向けて、今自分が「知識を身につけるために学んでいるんだ」ということもしっかりと意識して、焦らず行動を積み重ねて継続しましょう!

社会福祉士国家試験勉強法③:苦手対策

「社会福祉士の国家試験では幅広い知識が問われる」とお伝えしましたが、当然「苦手な分野」「苦手な科目」「苦手な項目」があるはずでです。

中には「全部苦手」と言われる方もおられますが、その中でも苦手な箇所を絞り込んで、得点につながるような学びを重ねましょう。

苦手科目は敬遠しがちですができれば早い段階で取り組んでおきたいところです。

ポイントとしては「いきなり理解する」ことが難しくても、「何度も触れる」ということです。

そのうち「少しずつ理解してきた」と言いことにつながり、気づけば「得意になっていた」ということもあり得ますよ!

社会福祉士になる!目的を意識すること

ここまで社会福祉士国家試験に合格するための過去問の使い方をお伝えしました。

冒頭でお伝えしたように、大事なのは「目的」を意識し続けることですね。

なんのために学んでいるのか?

この答えは明確で「社会福祉士になるため」です。

もっというと、なんのために社会福祉士になるのか?

そこまでイメージして学べている方は強い意志をお持ちの方が多いですね。

どちらにせよ、そのためには「知識」を身につけることが必要で、学ぶのは知識を身につけるためです。

「当たり前じゃないですか」と言われてしまいそうですが、この当たり前を見失ってしまうことが実際は多いんですね。

過去問を何度も解き続けるとか、つい勉強をサボってしまうとか、苦手科目を後回しにしてしまうとか…。

私たち人間は「目的」を強く意識していないと、目の前の誘惑などについ流されてしまいがちです。

気づけば「手段(勉強する)」と「目的(資格取得)」がごちゃごちゃになってしまって、「1時間勉強すること」で満足してしまったりするんですね。

これは良くないです。

なんのために学ぶのか?

そのためにどれくらいの学びが必要なのか?

そして、どんな勉強法ならもっと知識が効率よく身につくのか?

そこは工夫や改善を重ねていくことが大事ですね。

社会福祉士になるために「集中」して時間を使う

社会福祉士の国家試験対策でいうと、「大学生」「専門学校生」などの受験生もおられますが、「仕事をしながら受験勉強に取り組まれている方」も多いです。

仕事で疲れて帰った後勉強する。

家事や育児の合間に勉強する。

なかなか体力も気力も大変だと思うんですね。

そこで「限られた1時間」「限られた気力や体力」を使って合格を掴み取ることを考えると「集中力」が試されます。

1時間でどれくらいのことを学びとれるか?

同じ講義を聞いても「多くの情報を手にする人」もいれば「ほとんど学び取れない人」もいます。

もし仮に自分に合わない勉強法であればすぐに工夫と改善をする!

もし疲れすぎて集中力が維持できないのであれば、気持ちを切り替えて休む!

これがめちゃくちゃ大事で、「眠い目を擦ってほとんど頭に残らないけど頑張る!」ということをしていると、体調を崩したり仕事でミスをしたり、学ぶ効率が最悪になったりと、良いことがありません。

何をするにも「集中」が大事。

人生時間をバランスの取れたものにし、1日1日を充実したものにするためにも、国家試験に合格するためにも、集中がキーワードになると考えています。

社会福祉士国家試験合格:過去問学習法の基礎

ここまで社会福祉士国家試験対策ということで、「過去問の使い方」を見てきました。

ぜひ一つでも二つでも参考になった情報があれば嬉しく思いますし、できれば実際になにかひとつでも今後活かせそうなことがありそうならぜひ日頃の学びに取り入れてみてください。

とくに「目的を意識すること」と「集中すること」などはどんな学びにおいても大事です。

私は今後ソーシャルワーカーの果たす役割がどんどん大きくなってくると考えています。

実際現場に出てみると迷うことや悩むことはたくさん出てくるかと思いますが、「知識」はそんな自分を救ってくれます。

またうまくいかない時に自分がどんな判断をするのか?

目の前の問題をどのように乗り越えるか?

こういったことも今後の人生をよりよく生きる上で重要だと考えています。

私たちはクライエントの生活課題に対し、ウェルビーイングを高めるための実践をします。

クライエントは悩んでいるかもしれないし、困っているかもしれないですよね。

そのためにあなたができることは何か?

社会資源を効果的に使うことであり、エンパワメントすることであり、しっかりと寄り添うことです。

そのために、「今」をどう生きるのか?

あなたの周りにある社会資源を上手に使いこなしながら、自分の力を発揮できる環境を整え、誰かにしっかり相談し、支えてもらいながら、壁を乗り越えていけると良いですね?

そのような意味で、少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

コーチング入門

一生使える&無料で学べる
ゼロからコーチングを学びたい方必見!
学び直しにも最適な動画講義を今だけ特別にプレゼント