ひとり起業して雇われ時の3倍稼ぐ社会福祉士のビジネス成功の秘訣

ひとり起業して雇われ時の3倍稼ぐ社会福祉士のビジネス成功の秘訣

ひとり起業家サポーター・ソーシャルワーカー・パーソナルコーチの森山です。

今回お伝えするのは、福祉現場で相談員として働いた時にひとり起業して、今では個人起業のサポートをしている私がこれまでに何を大事にしてビジネスを展開してきたかということ についてお伝えします。。

雇われていては稼ぐことができなかった金額を安定的に稼ぎ出すための、ビジネスの基本であり本質的な核心部分の話をさせていただきます。

実は最近よく尋ねられることがあります。

森山さんってなんで起業したんですか?
どうやって稼いでいるんですか?
今回はこのような疑問にもお答えしつつ、ひとり起業家として稼ぎ続けるために非常に重要で本質的な話をさせていただきたいと思っています。

  • 福祉業界や医療業界、資格や専門性、強みを活かして起業したい方
  • カウンセラーやコーチなど対人援助でお客さんに価値とを届けることで稼ぎたいという方

このような思いがあるなら絶対に知っておきたい重要度の高い内容です。

そのほかにも、

  • 雇われて働くことでストレスを抱えてしんどい思いをしている方
  • 我慢の限界で潰れそうな方、頑張っているのに十分なお金を手にすることもでない方
  • 自由な時間もなく理想のライフスタイルとはかけ離れた生活を送っておられる方

このような状況の方は、ひとり起業という選択肢を本気で考えてみる価値があると私は考えます。

ただ実際問題として、ひとり起業スタート直後、圧倒的な速さで収益化する人もいれば、稼げないまま数年の時間を経て、もう何が問題で稼げないのかわからなくなっている人もおられます。

その両者を分けるのは、資格があるか、スキルがあるかではありません。今回お伝えする「ビジネスの核心部分」「成功の秘訣」をおさえているかどうかの方が遥かに重要です。

起業してみたい!そして絶対成功したい。
このような気持ちでストレスやリスクのないひとり起業について知りたいという方は、ぜひ今回の内容をおさえていただければと思います。

ひとり起業家なら絶対知っておくべき「交換」の話

では早速お伝えしたいんですが、ひとり起業して成功するか?それとも失敗に終わるかを分けるポイントがこれからお伝えする話です。

ビジネスとは「(価値と価値の)交換」である

ということ!

私はひとり起業家としてお金を稼ぐ上で、これが本質であり核心であると考えています。

つまり、『「30万稼ぎたい」「50万稼ぎたい」「100万稼ぎたい」と考えた時、「そのお金をもらえる分の価値を誰かに提供する」ということを考えられるかどうか?』

これが起業家として成功するために絶対知っておかないといけないことです。全てのビジネス活動に取り組む上で意識することが不可欠なことであり、成功する人は100%押さえている秘訣なんですね。

この「交換」についてはひとり起業するかどうかに限らず「お金」に関する重要な考え方なので知っておいた方がいいと考えています。

というのも、起業するにせよ、雇われて働くにせよ、この「交換」という概念を理解しているかどうかはお金に困る生活を送るか、お金にゆとりがある生活を送れるようになるかを真っ二つに分けてしまう可能性があるからです。

その辺りについて深掘りをしてみていきましょう!

 

ひとり起業して即稼げる人と雇われ思考では100%稼げない人

難しいことは抜きにして考えても、日本は資本主義を採用していること、そして「お金」を介在させた「交換」が日常生活の至る所で行われていることは共通認識としてOKですよね?

そこでまず「雇われて働く」ということについて考えてみましょう。

月給せよ時給にせよ、あなたが会社に対して労働・時間を提供することと引き換えに、給料を手にする…。

このような「交換」が行われていますよね?

雇用契約を交わして、法人とあなたとが互いに納得している両者で成立している「関係」であり「取引」です。

私も福祉業界で雇われて働いていました。仕事をしている時は、現場レベルで会社の方針や上司の命令に納得いかないことがたくさんありました。ただ、会社との契約のことを考えると、「会社が求めていることをこなすこと」の対価として給料をいただくということが基本ですね?会社にいかに貢献できるかということが契約上は大事にすべきことなわけです。

つまり、契約書の内容を基本として、あなたが提供する価値と、会社が支払ってくれる給料を交換しているに過ぎないので、私が変に仕事における情熱ややりがいを求めてしまうと会社全体の利益が損なわれてしまうことになります。

(実は私自身はそこで納得できないことに我慢を重ねて疲れ切ってしまったん ですね…。)

だからこそ、もし雇われている中で自分の力を最大限に発揮したいと考えるのであれば、「この会社に貢献したい」と心から思えるような関係のもと、雇用契約を結ぶことですね!

ただ、そのような会社に巡り会うのが難しいようであれば、「起業」を視野に入れてもいいのかもしれません。今回の話のメインはひとり起業で、「交換」というと雇われるより起業することを考えた方がシンプルでわかりやすいです。

あなたひとりで生み出した価値(商品・サービス)をお客さんに届けて、その対価をもらう。それが「ひとり起業」です。

この「ひとり起業」にはメリットはいくつかあります。

  • 自分の判断で行動ができることで、柔軟な対応や素早いアクション、きめ細かな対応などができる。
  • 会社で雇われている中で、お客さんに対して「もっと〇〇したいけど会社の方針としてできない」という状況でストレスを抱えることがなく、自分の判断で価値を届けることができる。
  • 生み出した価値の対価がそのままあなたの収入になる
  • 経費や税金などを除いて全てがあなたの手元に残るという考え方なので得られる収入に限界はない。

いかがでしょうか?

ただ裏を返せば、どれだけの時間や労力を費やしても価値を届けられなければ1円も稼げないのがひとり起業です。

これらのことは、ひとり起業家として当たり前にインストールしておくべき思考ですので、いきなり会社を辞めて起業するというのではなく、こういった事実は事前に知っておくことが必要ですね!

ひとり起業家成功思考の具体例

ここまでの内容をまとめると、「ひとり起業をして成功したい」「雇われずに自分の力で稼ぎたい」と思うのであれば、「交換」を理解して価値提供に情熱を注ぐこと!

そして実際にひとり起業するなら、お客さんのことを徹底的に考え尽くして、あなたが商品・サービスを提供すること!

これができるからこそ、お客さんがあなたにお金を払ってくれるわけですね。

このことを絶対に忘れてはダメです。

でもよくやってしまうのが「自分のやりたいことを追求する」ということですね。ひとり起業でこれをやってしまったら泥沼にハマって地獄を見ます。

例えば、パン屋さんとして独立・起業することを考えたとしましょう。

パン職人として、美味しいパンを作ることに情熱を注ぎたいと考えるのは大切ですよね?でもその時のポイントは、いかにお客さんの立場に立って求められるパンを提供できるか? ここが重要なんですね。

自分が求めるパン作りを追求するあまり、「お客さんが求める味じゃない」とか、「接客が悪い」「店の雰囲気が微妙」ということではビジネスは失敗に終わるということです。

これは他の例としてセミナー講師として起業することを考えても同じようなことが言えます。講師としてどれほどの知識や経験、技術やノウハウを身につけているかということももちろんですが、「受講生さんにいかに喜んでもらえるか」ということを考え抜く必要があります。

これがどこまでできるかが成功と失敗の分かれ道なんですね。

つまり、セミナー講師であれば徹底的に受講生のことを把握することが成功の秘訣です。

  • 何に悩んでいるのか?
  • どこでつまづいているのか?
  • 声に出して伝えてくれないけど、ずっとこんなことを考えているのではないか
  • 質問しにくい雰囲気を出してしまっているのかも

そういうことを考えて時に寄り添うような形で接して信頼関係を築き上げ、その上で情報提供していくこと!

講師としての知識や経験、これまでの実績も、「お客さんへの価値提供」という文脈で捉えればビジネスで活用できる強みになります。

逆に、「資格」「経験」「実績」がお客さんへの価値に変えられないのであれば、「強み」にならないわけですね。

ひとり起業成功の秘訣は「交換したくなる安心感」

ここまでお伝えしてきたように「ビジネスは価値と価値の交換」です。そしてひとり起業をするなら…

「お金と交換できるような価値(商品・サービス)を提供すること」

これをどこまで突き詰めて考えられるかどうかが重要でした。

そのためには、「交換する相手のことを徹底的に知ること」ですね。

そしてさらにもう一言付け加えると、

「交換したい」と思ってもらえるような関係性を築き上げられるか?

これも成功の秘訣と言えるかもしれませんね。

「この人からサービスを受けたい」と思ってもらえるようなビジネスを展開できるかどうか?

こう考えると、「誰を相手にビジネスをするのか?」ということがめちゃくちゃ重要なんです。

雇われる会社を選ぶのが重要なのと同じで、あなたが「誰に対して価値を届けるのか」という相手選びをミスると、ビジネスが苦痛にもなり全く成果を上げられないようにもなります。

しっかりとその辺りを意識してビジネスターゲットを見定めた上で、目の前のお客さんや、これからお客さんとして関係性を構築していく可能性がある人に、しっかりと向き合って誠実な姿勢で接することが大事ですね。

また、起業家として大切なのは、「独自の強み」を打ち出していくことです。他の人には打ち出せないオリジナリティをはっきり打ち出せれば、ビジネスは成功したも同然です。そんな「独自の強み」は過去の実績や経験値だけではなく、「眠れる自分に備わった力」を引き出して強みに変えられるかどうかが重要なんですね。

それができるかどうかも、「お客さんの理解・把握」「価値の交換がしやすい関係性」なくしてできるようにはなりません。

「強み」とお客さんが求める価値のマッチングに成功すれば、お金を稼ぐということが息を吸うように自然にできるようになります。 求めているものを把握し、それを差し出すだけです。それができれば、雇われて働いていた時のような時間の拘束やストレスを感じる日々とは無縁の状態になります。

この「交換」を意識して行動するというのは、言い換えれば起業家体質価値提供体質を身につけるということかもしれませんね。

この体質に変化することができれば、時間の自由、経済的な不安からの解放、そして自分自身で生き方、ライフスタイルをデザインするということが当たり前になります。

ただ「起業」するかどうかはその人が望むライフスタイルによる部分が大きいです。

さらに起業というのはただの選択肢であって、目的でもゴールでもなんでもありませんので、事前にしっかり情報収集をすることも大事ですね。

休みたい時に休み、やりたいことだけをやる毎日で、いつ働くか、どこで働くかも決めるのは「あなた自身」ですし「あなたの理想とする生活次第」 です。

ぜひ今回の内容で気づいたことを、少しでも実際の行動に変えてみたり、さらなる情報収集を重ねるなど、次のステップへと進むきっかけにしていただければと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

はじめてのコーチングひとり起業

コーチングひとり起業に取り組んでみたい方!
すでに起業されている方で売上構築&収益倍増を目指す方!
誰でも理解&実践できるやさしいコーチング起業収益化の仕組みづくりを無料で学べるチャンスです!
期間限定&人数限定の公開とさせていただいています。