【社会福祉士・コーチが解説】仕事も勉強も計画倒れになる3つの理由

今回は

仕事や勉強で計画通りに物事を進められない理由と対処法

についてお伝えします。

このブログでは、コーチングやソーシャルワークについて、働き方や大切なものを守り続けるために必要なお金の稼ぎ方・相談や教育事業の起こし方などについて情報提供しています。(ツイッターはこちら)・(YouTubeはこちら

今回の内容を押さえていただくだけで、

  • 計画通りに物事を進めなられないことで自己嫌悪状態でも、目標を見据えて一歩ずつ前に進み望む結果をつかみ取れる
  • 忙しい日々で計画に遅れが出て焦りと不安が募っている状態でも、落ち着いて問題を乗り越え成長しながら成果をつかみ取れる

このような状態になります。

今回の内容は

テクニックによらない本質的な内容

となっています。

勉強や仕事はもちろん、プライベートや社会貢献活動などにおいて、忙しい日々の中次々と計画通りに目標達成したいという方は、ぜひ最後までご視聴ください!

動画でも解説をしています!→YouTubeはこちら

仕事・勉強が計画通りに進まない3つの理由

では早速、仕事や勉強が計画通りに進まない3つの理由を紐解いていきますね!

①行動の数や失敗体験の量が少ない

計画倒れする理由として

「行動が少なすぎる」

ことが原因となっているケースはよく目にします。

また私自身の経験を振り返っても、行動量が少なすぎて目標達成できなかったことがたくさんあります。

行動が少ないと、計画に遅れが出て目標達成が遠のくことはお分かりいただけますよね?

また、行動量が少なすぎると、

「計画に遅れが出ている」ということに気づけない

かもしれませんよね?

行動しているからこそ、自分自身を成長させたり新たに得た経験値を計画の修正に活かせます。

ただ、行動していないので何が問題でどのように修正したらいいか分からず、迷走状態に陥る…。

これが、行動量や失敗の数が少ないことで、計画倒れになる状態なんですね。

望んでもいないし望まれてもいない目標達成

次にお伝えしたいのは、

「望んでもいないし望まれてもいない目標」

は、計画に落とし込んだところで計画倒れになる可能性が高いです。

というのも、「絶対に達成したい目標」で、「失敗したくない」と強く思うからこそ、「計画を立てよう」「計画通りに行動しよう」「必要に応じて計画を見直そう」と自発的に思えるわけですよね?

逆に、「失敗してもいいや」「自分には関係ないし」と思えるような目標だと、計画を立てることすら邪魔くさいと感じるはずです。

つまり、「自分が心から達成を望む目標」や「他者から強く期待され、目標達成が望まれていること」ならいざ知らず、自分にとって意義を感じない目標について計画的に実行させられるような状態だと、計画倒れになって当然ですよね?

重要性が低い・必要性を感じない

次に

重要性が低かったり、必要性を感じない目標

についても、計画倒れになる可能性が高いです。

具体的にいうと、「計画通りに勉強時間を確保しないといけないけど、ついテレビを見たりスマホを触っちゃう」という状態があったとします。

その時、もしかすると

「勉強して目標を達成すること」の重要性が低い可能性

があります。

頭ではわかっているのに

私たちって、頭では「重要だ」と認識していても、行動できないことってあるかと思います。

その時に、自分の心の声に耳を傾けて、「本当に自分は目標達成したいか」ということを考えてみるといかがでしょうか?

自分の内側から出る気持ちは誤魔化せませんし、自分でも気づけていない可能性もあります。

本当にやりたいことに取り組んでいるか?

これは、計画的に行動し目標達成する上でものすごく重要なんです。

自分の本音を見定めること

私たちが計画を立てて行動する時って、現状維持では達成できない目標を見据えて行動する時ですよね?

今の自分では実力や経験値が不足しているのであれば、情報収集をしつつ試行錯誤するのが大事になると思うんですね。

そのための行動がこなせていないのは、やはり「自分にとっての重要度」がまだまだ低いのかもしれません。

1日は24時間しかなく、私たちには睡眠時間や休息、気分転換なども必要ですよね?

仕事や勉強に充てられる時間は限られている中で、計画を立てるのであればあなたにとって重要度が本当に高いかどうかは見極める必要があるのではないでしょうか。

まとめ 仕事も勉強も計画倒れになる3つの理由

ここまで、社会福祉士・コーチとしての経験をもとに、仕事も勉強も計画倒れになる3つの理由についてお伝えしました。

計画を立てたものの行動ができないときは、

自分にとって目の前の目標達成を心の底から望んでいるのかや、時間を割いて取り組みたいと思えるほど重要なのか

を考えてみるのをオススメします!

そして、これから計画的に物事を進めたいと思うときは「重要度が高く、自分の本音に従って、試行錯誤しながらでも達成を望む目標」を見定めるようにしてください。

それでは今回の内容はここまでとなります。

最後までチェックしていただきありがとうございました。

コーチング入門

一生使える&無料で学べる
ゼロからコーチングを学びたい方必見!
学び直しにも最適な動画講義を今だけ特別にプレゼント