ひとり時間活用の文章起業!初心者ライター能力の効率的上達技3選

ソーシャルワーカー・コーチ・ひとり起業家サポーターの森山です。

今回は、文章を書くことでお金を稼ぐひとりで完結する起業についてお伝えします。

今回の内容を押さえていただくことで「スキマ時間」に「好きなこと」「得意なこと」「自分らしさ」をフル活用して収益化するビジネスを失敗することなく構築することができます。

ブログを書いたことあるけど、儲からなかったよ…

実は起業家の方のサポートをしている中で、アフィリエイターやブロガーから「思ったように稼げない」というご相談は非常に多いんですね。

また主婦の方やお仕事をされていない女性の方、仕事をリタイアされた後の男性など、「文章」でお金を稼げないかという相談も多いのが現状です。

そこで今回は、文章起業で結果を出すための「書く力を高める方法」に焦点を当てて情報提供いたします。

「お金を稼ぐためのライティング能力」を身につけるとともに、ひとり起業家としての成長と自信と結果を掴む3つのポイントをお伝えしていきます!

ぜひ最後までチェックしてみてください!

ひとり時間に文章で稼ぐ!書く力を武器に変える3つの方法

ではひとり起業家・文章起業家として書く力を高めるための3つの方法をお伝えします。

  1. 少ない情報量で求めている内容に応える
  2. 論理的に説明する癖を身に付ける
  3. 知識・情報を収集する

この3つです。

ただこの3つの内容って、よく見ていただくとお分かりのように「書く」というより「コミュニケーションをとる」ということに近い内容に見えませんか?

そうなんです。

今回は「書く以外の時間」にライティング能力を高める3つの秘訣をまとめました。

というのも、「書く力を身につけるためのトレーニング」の時間はしっかりと確保していただきたい反面、忙しい現代人は「価値を生むためのライティングそのもの」に時間を割きたいところですよね?

そこで今回の3つの方法は「書くこととは別に日頃の生活の中に取り入れられる書く力の高め方」なんです。

日常のコミュニケーションや隙間時間に意識していただくだけで、書く力が飛躍的に高まるのは間違いなしですよ!

では早速みていきましょう。

1.少ない情報量で求めている内容に応える

「ライティング力を活用してひとり起業したい方」

「文章起業したい方」

このような想いを抱いている方は「元々の書く力」は備わっているケースが多いです。

ただ一方で「起業家としての書く力」「ビジネスとして価値を生み出す書く力」は伸び代があるケースが多いんですね。

具体的には

  • 量は書ける。でも時間がかかったり、求めている内容に答えられているかというと自信がない
  • 文章を書いてあとで振り返ると、「だめだ」「ここも、ここもだめだ…」となって書き直しを重ねてしまう。
  • 書いているうちに何を伝えたらいいのかわからなくなってしまうことがある

このような状態は「価値を生み出す文章とは何か?」とういことをご理解いただけるとすぐにでも文章起業家として稼ぐ力が身に付きます。

価値を生み出す文章とは、「欲しい情報がわかりやすく得られること」「知りたかったことがすぐに手に入ること」です。

つまり、流れるように美しい文章ではありません。

学校の国語で習った「起承転結」や、独特の日本語の言い回しを覚える必要はありません。

ブログを書くと言っても、常に3000文字以上の文章を書かなければならないわけでもありません。

「求められている情報を差し出す」

例えば、「トイレはどこですか?」と聞かれた時に「あっちです!」と言う能力こそが重要なんです。

この「求めている人に求められたタイミングでその人の気持ち・感情に配慮して適切・的確に情報提供できる力」をどこまで高められるか?

そして文章に起こせるか?

これらがビジネスを成功に導くためには求められます。

「この近隣にはトイレが3箇所あります。

1つめは公園のトイレ。少し汚いのが嫌な人にはお勧めしませんし、ここからはちょっと距離があります。歩いて10分ほどですかね。

2つはコンビニのトイレ。でも、急いでいる方は先に入っている人がいる場合厄介ですね。今コンビニも同じく10分ほどかかります。

そこで、最もおすすめするトイレが目の前にある図書館のトイレです。広いし、綺麗だし、今すぐ使えます。」

……この文章を見て、いかがでしょう。

確かに丁寧です。

でも、こんなまどろっこしい解説をされたらイライラしませんか?

相手はトイレに行きたくて我慢していると察したら、「あっちです!」の方がだいぶ親切です。

5行200文字の文章より、5文字1秒の文章の方が価値を生み出すこともある!

この少ない情報で求めていることに的確に答える練習を日頃の生活の中で意識すれば、ビジネスに必要なライティング能力が飛躍的に高まりますよ!

2.論理的に説明する癖を身に付ける

では次に「論理的な説明」についてお伝えします。

では、その具体的な説明の前に、今からスクワットをしてください。

その後腕立て、腹筋、背筋を20回ずつ。

それをこなした人だけがに、この記事を先に読み進めていただきたいんですね。

………

いかがでしょうか?

やっていただけましたか?

え、なにをいきなり…。やるわけないじゃないですか。

そうですよね?

おっしゃる通りです。

やるわけないんです。

試すようなことをして申し訳ありませんでした。

私がお伝えしたかったのは、「なんでやらなきゃならないのかわからない」「やる意味を感じない」という感覚を体感していただきたかったんです。

えっ!?どういうこと?

行動すべき理由を「説明しなくてもわかってもらえるだろう」というのはビジネスでは非常に甘い考えですね。

「これ買ってください」→「なんで?」

「これ、おすすめですよ」→「何が?」

それは「理由」を説明しないと納得してくれません。

「これを買ってください。おすすめだからです」→これは納得していただける理由でしょうか?

こう考えると、「人の心を掴む」「わかってもらう」「行動に移してもらう」ための文章って「論理的」で「わかりやすく」て「共感」を生むような内容じゃないといけないことがうっすらわかるはずです。

この「論理的」という部分に苦手意識を持つ方が非常に多いんですが、ここは難しく考えずに「読み手の心の中を想像すること」に徹してみましょう。

例えば、「〇〇してくれる?」と頼まれた相手は、心の中でどう思っているでしょうか?

「なぜそれが必要なの?」と考えているなら、理由を説明したほうがいいでしょうね!

「どうして私がやらなきゃならないの」と考えるのであれば、お願いする理由と、感謝の気持ちを伝えたほうがいいでしょう。

このように、コミュニケーションの中で相手の気持ちを想像して何を伝えるべきかを考える工夫をしていきます。

これが文章でできると「論理力」も構築できますし、めちゃくちゃ価値の高いライティング力を身に付けることができるはずです。

同じことを言っているのに「この人の文章がめちゃくちゃ心に刺さる」と言う状況を生み出せるんですね!

3.知識・情報を収集する

文章を書くときに断然有利に働くのが「事前情報」「知識」「相手に対する理解」などです。

これはイメージしていただけるとわかるかと思うんですが、「相手の知りたいことが明確」「自分は専門知識が豊富」であれば文章力がなくても価値を生み出せますよね?

確かに、そりゃそうだよな!

そこでひとり起業・文章起業をするときに、自分らしさや強みを活かせるかどうかがポイントになります。

というのも、すきなこと、情熱のあること、経験値が豊富なことは「知識」「情報量」が多いからです。

また、読者の気持ちを理解できる可能性も高いです。

一方で、フリーランスライターとして依頼された文章を書くだけならどうでしょう?

そこから取材をしたり、情報収集をして文章を書くわけですよね?

正直、何年もその分野で知識を積み重ねた人と比べると、薄っぺらい文章になってしまうかもしれませんよね?

そしてまた次の依頼案件は全く違う分野の情報…。

これは文章を価値に変えて稼ぐ起業ではめちゃくちゃ不利に働きます。

私は「文章」などのコンテンツをマーケティングの知識とともに価値を生み出す仕組みを作り、お金を稼ぐ起業術についてお伝えしています。

これから起業したいという方は、書くことを仕事にするのはいいのですが、入り口部分で方向を間違うと自分らしさが活かせず効率の悪い方法を選択してしまうことになりますよ!

ここまで

ここまで以下の3点についてお伝えしました。

  • 少ない情報量で求めている内容に応える
  • 論理的に説明する癖を身に付ける
  • 知識・情報を収集する

目から鱗が落ちるような情報がたくさんあったわ…

そう感じていただけると幸いです。

今回の内容は日常のコミュニケーションで意識することで、文章を書く力が飛躍的に高まるという効率の良い方法でした。

とはいえ、具体的にどうしたら良いのか?

何から始めればいいかのか?

そのような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

そこで、ひとり起業・文章起業に関する他の記事をご確認いただくなどする中で、さらなる学びや気づきを得ていただければと思います。

以下の記事も今回の内容と併せてご確認ください。

ひとり起業家で文章を武器に稼ぐ最初の一歩

文章を武器にして稼ぐことを考えたときに、何から始めれば良いのか…。

そう迷われる方もおられるかもしれませんよね?

そんな方はぜひ以下の記事をご覧いただき、「何から始めるか」について学び取っていただければと思います。

https://socialwork-coaching.com/start-business/now-how-colect-30days/

ポイントは「役に立ちそう」と思ったものはしっかり学び取り、すぐにあなたが想定するお客さん、ターゲットを絞って発信することです。

そんなすぐに発信なんてできるかな…

そうですよね…。

最初は本当に不安だと思います。

でも、ご安心ください。

「完璧」なんてものはありませんし、どこまで知識と経験を積み重ねても「不完全な文章」しか私たちは書けません。

そこで大事なのは「ターゲットに向けて文章を書く」ということを癖づけることです。

相手を喜ばせたい。だけど、その実力がない。

そんな状態から、本当に相手を喜ばせられるようになるためにはトレーニングが必要かもしれません。

でも、最初から「相手を喜ばせたい」という気持ちがなければ、その人はトレーニングを積み重ねないでしょうし、ビジネスなんてやめたほうがいいと思っています。

相手に価値を届けるつもりがない人がビジネスをやるなら「騙し取ってでも自分が儲けたい」と言っているようなものです。

まずは「目的意識」を持って行動することです。

「意思あるところには道は開ける」(Where there’s a will, there’s a way.)

アメリカ合衆国16代大統領エイブラハム・ リンカーン

不完全でも、未熟でも行動を積み重ねる…かぁ。

そうです。

学び取ったことは、一つでも二つでも行動に変えて、その行動を積み重ねる中で成長と結果を掴んでいきましょう!

今回の内容の他に、お役立ち音声講義のまとめ(https://socialwork-coaching.com/speek-lecture/)もご用意しています。

ブログ記事(https://socialwork-coaching.com/category/start-business/)でもひとり起業を成功に導く情報をたくさんお届けしています。

また、会員サイト内ではメルマガなどで情報提供もしていますし、基礎から流れに沿って学びながらビジネスを成功に導くこともできます。

また、ひとり起業で収益化する方法についてはアメブロでも情報発信をしています。もしよろしければご覧ください。→https://ameblo.jp/social-worker-lecture

それでは今回お伝えする内容はここまでです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

はじめての動画コンテンツ作成

初心者でもサクサク動画コンテンツを量産する秘訣として「型」の活用について情報提供します。
時間や場所を選ばずひとりでもクライエント・顧客に貢献する事業を展開したい方!
リスクを取ることなく小さく事業を開始して長期安定的な事業を展開したい方!
このような方は必見の内容ですので今すぐチェックしてみてください!