コーチング起業のやり方と失敗しない稼ぎ方|超具体的5ステップ

今回は

コーチング起業で稼ぐための5ステップ

について情報提供していきます。

このブログでは、コーチングやソーシャルワークについて、働き方や大切なものを守り続けるために必要なお金の稼ぎ方・相談や教育事業の起こし方などについて情報提供しています。(ツイッターはこちら)・(YouTubeはこちら

今回の内容を押さえていただくことで、

  • プロコーチとしてクライエントさんのゴール達成をサポートし、豊かな人生を構築するお手伝いをしながらあなた自身の豊かさも手に入る
  • 失敗することのない堅実な方法でリスクを取らずコーチング起業を成功に導く方法を理解できる

このような状態が訪れます。

実際コーチングについて学んだ後、

  • クライエントさんに継続してセッションを提供する機会を得られない
  • コーチとして独立・起業する具体的な方法がわからない
  • 安定的な収入を得るためには何をしたらいいかがわからない

そのような相談がたくさん寄せられます。

そこで、今回はコーチング起業を成功に導く超堅実な5ステップについてシェアしていきますので、これからコーチング起業を実践したいという方はぜひ最後までチェックしてみてください。

コーチング起業で稼ぐための5ステップ

それでは早速コーチング起業で収益化するための5ステップをみていきましょう。

  1. 情報発信を継続して見込み客との接点を作る
  2. クライエントに継続して情報提供し信頼を構築する
  3. 体験セッションへ誘導しコーチングを体感してもらう
  4. 有料セッションへのオファーを提示する
  5. 契約後オファー内容に基づきコーチングを提供する

このようなステップを踏んでいきます。

一つずつ噛み砕いてみていくこととしましょう。

情報発信を継続して見込み客との接点を作る

まずはSNSやブログ、YouTubeなどで情報発信をして、クライエントとの接点を作っていきます。

ポイントは

「価値ある情報を継続的に発信すること」

です。

これを実際に行動に移し結果を出すためには必要な学びと実践を繰り返すことが求められます。

重要なポイントがずれていたり、基準値を満たしていないと、このファーストステップで大きく苦戦してしまうことにつながり、実際はコーチング起業しても9割の人がここで挫折をしてしまいます。

クライエントに継続して情報提供し信頼を構築する

SNSやブログなどで情報発信をすることについてお伝えしましたが、

そのような媒体から直接セッションに申し込んでいただくのは避けたほうがいい

と私は考えているんですね。

メルマガやステップメール、ラインなどを使って情報提供をしていくことを挟んで、セッションへと移行していくいくことをオススメしています。

というのも、SNSでの発信や、ブログについてはあなたが定期的に情報発信をしたとしても、見込み客がその情報にアクセスしてもらえるかどうかはわかりませんよね?

ただ、メルマガやステップメールは見込み客のメールアドレスにこちらから情報を届けることができるので、受け取ってもらえる確率が高くなります。

メルマガやステップメールは、

今後クライエントになる可能性のある見込み客に、あなたの人となりや専門性を深く認知してもらうことができるツールとなる

ということなんですね。

このように、コーチング起業はあなたのことをよく理解してもらってからセッションへと移行するほうがおすすめで、実際稼げている人はこのような仕組みを使っている人がほとんどだと認識しておいてください。

体験セッションへ誘導しコーチングを体感してもらう

3つ目は、

体験セッションに誘導して実際にコーチングを体感してもらう

というステップです。

もちろん、いきなり有料での単発セッションや、数ヶ月単位でのコーチング契約を結ぶこともできます。

ただ、これからコーチング起業をしていくことを考えた時に、体験セッションを挟むことをオススメします。

その理由としては、

コーチとしての経験を積み上げつつ、ビジネスとしての感覚も養いつつ、クライエントに提供する価値を最大化させながら安定的に事業を軌道に乗せやすくするため

です。

コーチとして学びを重ねて活動をスタートしたての頃は、当然クライエントさんに対してコーチングを提供した実績もありません。

また、起業家としてもどのような価格で何をどのように提供すればいいのかという感覚もつかめません。

そこで、低単価の単発セッションばかり繰り返して事業基盤がぐらついてしまったり、結果的にクライエントさんの人生に何の影響を与えることもないセッションを提供してしまったりするケースが多いです。

そんな状態を避けるためにも、一度体験セッションを挟むわけです。

こうすることで、コーチとしての経験を積み重ねつつ、クライエントさんの理解や質の高いセッションの提供を意識し、ビジネスとしての成果の最大化も狙っていくことができるんです。

有料セッションへのオファーを提示する

体験セッションを提供してみて、継続してセッションを希望される方に対して、

有料セッションのオファーを提示

していきます。

ここで、1回のコーチングセッション1万円など、単発での契約をするのはオススメしません。

最短でも3ヶ月くらいから、半年以上のセッションを提供することと、それに見合った金額を提示していくことが大事ですね。

この時に「なぜその期間なのか」「なぜその金額なのか」ということを説明して、深いレベルで納得していただくことが欠かせません。

条件についてしっかり説明をした上で、よくよく吟味していただき「コーチングを受けたい」と思ってもらえた方のみ、オファーに応じたコーチングを提供していく。

このプロセスが大事です。

間違っても、安くしてでも契約してもらおうとしたり、無理にお願いするような形で売りつけようとしてはいけません。

こうなるとあなた自身がコーチとしても起業家としても信用を失いますし、クライエントさんの自発性が損なわれてコーチングの成果が全く上がらなくなってしまいます。

契約後オファー内容に基づきコーチングを提供する

こうして成約した方のみ、

オファー内容に応じてコーチングセッションを提供

していきます。

仮に半年間セッションをするのであれば、焦る必要はありませんので、一回ごとのセッションに高い意識を持ってクライエントさんのゴール達成を加速させられるようなアプローチを仕掛けていきます。

最初の数回でうまくセッションが進められなかったとしても、コーチとしてあなたが考えるべきことはクライエントのゴール達成を確信し続けることと、クライエントさんのゴール達成の臨場感を強めていくことです。

クライエントさんがゴールを見つけ、その達成に向けて高い意識を持って行動するプロセスを伴走しつつ、ゴールの更新も促していく。

その全てのプロセスで、

クライエントの味方であり続け、全力でクライエントの自己効力感・セルフエフィカシーを引き上げていくこと

が大事ですね!

まとめ&失敗しないコーチング起業

ここまで

コーチング起業のやり方と失敗しない稼ぎ方ということで、5つのステップに分けて情報提供

してきました。

情報発信をして、メルマガ登録を促し、信頼を構築しながら体験セッションへと誘導する。

そして、体験セッションを受けてくださった方に対して有料セッションのオファーを提示し、成約した方に対してコーチングを提供する。

この流れはビジネス的にいうと「鉄板」とも言えるマーケティングの流れですが、「難しそう」「めんどくさそう」「自分にできる気がしない」という方がほとんどです。

ただ、コーチング起業をしようとされる方で、結果的に無理にクライエントさんを獲得しようとして人間関係にヒビが入りそうになったり、無料や超低単価で単発セッションを繰り返して自分でも何をやっているのかわからなくなったりして迷走してしまう人が多いです。

そうならないためにも、

コーチングについて学びと実践を重ねつつも、ビジネスやコンテンツ作成、マーケティング実践について基本的な学びから始めていただくこと

をオススメしています。

実際にそうした学びを得ることで、自動的にクライエントさんから連絡が舞い込み、高い意識を持ってコーチングを受け、どんどんゴール達成をしていくクライエントさんがたくさん現れ始めます。

そして、「あなたと出会えてよかった」といってくれるような強い信頼つながれるクライエントさんに囲まれるコーチングビジネスを展開できるようになるので、ぜひ今回の5ステップは深いレベルで落とし込み実践に変えていただければと思います。

それでは今回お伝えする内容はここまでとなります。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コーチング入門

一生使える&無料で学べる
ゼロからコーチングを学びたい方必見!
学び直しにも最適な動画講義を今だけ特別にプレゼント