自宅でひとり起業して挫折する人の9割がハマる罠とは?

ソーシャルワーカー・コーチ・ひとり起業家サポーターの森山です。

今回の記事では、自宅でひとり起業が失敗に終わってしまう人に共通する挫折ポイントに迫っていきたいと思います。

今回の内容を押さえていただくことで、

  • 失敗を未然に避け、大きなリスクを背負わずに安全ルートを通ってビジネスを成功に導くことができる
  • 最短ルートで遠回りせずに収益化まで一直線で具体的な行動を積み重ねられる
  • 迷いや悩みを抱えている暇もなく気づいたらお客さんに価値を届けて収益を拡大させることができている

このような状態になることができます。

  • 自宅でひとり起業してみたい
  • 自宅でひとり起業しているけど全然結果が出ない…

このような思いを抱えていながらもモヤモヤとして悩みがあって具体的な行動に落とし込めずにいる方は、ぜひ最後までチェックしていただければと思います。

自宅でひとり起業して挫折する人の9割がハマる罠

自宅でひとり起業をするメリットについては、以前別の記事で紹介してきました。

https://socialwork-coaching.com/start-business/at-home-no-miss/

こちらの記事で紹介しているように、自宅で起業することにはメリットも多く、あなたの生き方にマッチしていればお金の悩みを消し去り人生時間を有意義に活用することができる働き方といえます。

ただ、自宅でひとり起業をしてもほとんどの人が稼げないという現実があります。

実際、自宅での起業・副業をスタートして、順風満帆に収益化に成功してどんどん売上を拡大させている人ってほとんどいないのではないでしょうか?

私の元にも心が半分折れた状態で相談に訪れられる方は多いです。

どうしてそうなるのか…。

それをを私なりに分析すると、9割以上の人が「雇われている時と発想が同じ状態で起業家として仕事をしている」ことが問題になっていることが見え隠れするんですね…。

自宅でひとり起業するなら「雇われマインド」を捨てよ!

私はこれまでコーチングやコンサル、ソーシャルワークや相談援助実践をしてきた経験を活かして、ひとり起業家の方の相談に応じる活動をしています。

初回の相談でクライエントさんのお話を伺うと「頑張っているのに稼げないんです」「コンサルに言われた通りに行動しているけど、全然結果が出ないんです」という声が聞こえてくるんですね。

確かに、起業初期の頃は本当にうまくいかないことが多くて、試行錯誤しても失敗続きで心が折れそうになることはあると思います。

でも、この言葉は「起業家」の言葉ではなくて「雇われているサラリーマン」の言葉だと感じてしまいます。

起業家なら「頑張ること」「コンサルが言うこと」「行動していること」ではなく「お客さんに提供する価値」に焦点を当てることこそ大事です。

起業1年目はすぐに結果が出ないことも多いですが、そこから成長して結果をつかみ取れるかどうかは「マインド部分」がカギを握ります。

そのマインドは目には見えないものですが、「発言」「振る舞い」から透けて見えてくるんですね…。

自宅で起業して結果が出ない時はマインドを変革すること

私も1日15時間くらい仕事をして、翌日にその全ての作業が水の泡になるような日々を繰り返して夜も眠れずに体重の増減を繰り返すような時期がありました。

そんな当時の私にコンサルがかけてくれた言葉が「頑張るな」「努力するな」というような言葉でした。

今振り返って思うと、「頑張ったところでうまくいく」「努力すればなんとかなる」というのは完全に雇われている人の発想だということに気付かせようとしてくれたんだと思うんですね。

私はこの言葉の意図に気づけるようになってから、ビジネスがどんどん軌道に乗っていくようになりました。

マインドの違いをイメージしてみよう

マインドの違いはちょっとイメージするとよくわかるようになります。

例えば、あなたが会社に雇われて働いているとしましょう。

その会社の社長が「頑張っているのに稼げないんです」「コンサルに言われた通りに行動しているけど全然結果が出ないんです」と言っているのを耳にしましたとします。

あなたは社員の立場でどう感じるでしょうか?

起業するなら「価値提供」にコミットしよう!

起業をするというのは「自分で決めて行動し、自分で責任を負う」ということです。

そう考えた時に考えるべきことは「いかにお客さんに価値提供できるか」ということです。

「頑張るより問題を見極めてサクッと結果を出す」「努力するより必要な行動だけを見極めて無駄を省く」という発想の方が100倍重要なんですね!

自宅でひとり起業失敗・挫折を避ける成功マインド

ここまで自宅でひとり起業するなら「雇われマインドを捨てることが重要」だと言うことをお伝えしてきました。

マインドを「起業家であれば当然持っているべきマインド」に切り替えることで爆速で成長が促され、結果をつかみ取れるようになります。

一方で「雇われているサラリーマンマインド」のまま起業家としてどれだけ頑張り続けても、目標収益を稼ぎ出すどころか集客しても大失敗で1円も稼げないまま年単位の時間を過ごしてしまうこともあるんですね。

ワンポイントアドバイス:起業家マインドに切り替える質問

最後に起業家マインドに切り替えるためにご自身に投げかけるための質問を3つ紹介します。

  • 「誰の役に立ちたいか?」(ターゲット選定)
  • 「その人は何に悩んでいるか?」(ニーズの把握)
  • 「私は何ができるか?」(商品・サービスの考案)

このような質問をまずは自分に投げかけてみてください。

そして、ビジネス活動をする際に常にこの3つの質問を自分に投げかけつつ必要な行動を選択してみましょう!

そして「お客さんのために価値提供する」という思考・発想で目の前の人、ひとりひとりを大事にしてビジネスを展開していくと、起業家としての成長と結果がダブルで手に入るようになります。

今は知識も経験もなく、自信も全くなかったとしても、マインド面でまずは起業家としてデビューし、学びと実践を積み重ねることから始めてみましょう。

オススメコンテンツ

今回の記事をお読みいただいた方におすすめのコンテンツはこちら!

その他の動画講義はこちら!

音声講義のまとめ(https://socialwork-coaching.com/speek-lecture/

ブログ記事(https://socialwork-coaching.com/category/start-business/

また、ひとり起業で収益化する方法についてはアメブロでも情報発信をしています。もしよろしければご覧ください。→https://ameblo.jp/social-worker-lecture

それでは今回の内容はここまでとなります。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

投稿者プロフィール

森山孝彰
森山孝彰社会福祉士 パーソナルコーチ
1984年生まれ 大阪府出身
ソーシャルワーカー/パーソナルコーチとして、
オンラインで学びの場を提供!

Well-beingひとり起業

ひとり起業で自分らしい人生を送るために十分なお金を手に入れたい方。
豊かなつながりのもと安心して価値提供したいかを得るビジネスに興味がある方。
未来を見据えてより良い関係性のもと信頼をベースにしたビジネス構築術について学びたい方。
ぜひ会員登録をお済ませください。