ひとり起業初心者でも安心のビジネスモデル3選を社会福祉士が解説

ソーシャルワーカー・コーチ・ひとり起業家サポーターの森山です。(ツイッターはこちら

今回は

ひとり起業初心者でも安心して取り組めるビジネスモデル

について確認いきます。

今回の内容を押さえていただくことで、

  • 今すぐにでも収益化できるビジネスモデルについて理解できる
  • 自宅で自由な時間にお客さんに価値提供して安定的に収益化できる起業方法についてまなぶことができる
  • 大きなリスクを背負って借金を抱えたり廃業に追い込まれるのを防ぐ

このような状態をご自身の手で掴み取ることができます。

  • これからどうやって稼ぎ売上を伸ばしていけばいいのか…
  • リスクを取らずに堅実に収益化できるようなビジネスで起業したい!

このように感じておられる方は、ぜひ最後までチェックしていただければと思います。

ひとり起業初心者でも安心安定のビジネスモデルとは?

ではまず「ビジネスモデル」という言葉について確認・共有してみましょう。

ビジネスモデルとはわかりやすくいうと、

誰に(Who)、何を(What)、どうやって(How)、付加価値を提供し、収益を得るのか?

これらが盛り込まれたビジネスの仕組みのことを言います。

ひとり起業ビジネスモデルでリスクが少なく安心できる要素

ひとり起業でリスクが少ない安心できるビジネスモデルを展開するなら2つの要素についてチェックする必要があります

安心ビジネスモデルチェック①:お金

1つ目の要素はお金です。

資金繰りが悪化するとビジネスを継続することができません。

そこで「初期費用」「ランニングコスト(固定費)」を下げることがポイントです。

後ほどお伝えするオススメビジネスモデルは「自宅でパソコン1台で実践可能」なものばかりです。

ほとんどお金がかからない中で事業を展開し、収益を拡大することができるので「超安心」ビジネスモデルです。

安心ビジネスモデルチェック②:自分らしさ

次に重要な要素となるのが「ひとり起業家としての自分らしさを活かせること」です。

中小企業が廃業に追い込まれる大きな原因は、先ほどお伝えした「資金繰りの悪化」と「担い手不足」があるんですね。

ひとり起業家の場合は「やる気・モチベーションの低下」「健康を害する」「情熱が湧かず燃え尽きる」というように「自分自身」に行動できない理由が生じたとき、ピンチに陥ります。

そのような意味で「情熱を燃やし続けられるビジネス」に取り組むことが重要だというのが私の考えです。

後ほどご紹介する3つのビジネスモデルを実践に移す中で「こんなクライエントさんに価値提供したい!」と心から思えるようなビジネスを選択し、展開できるといいですね!

ひとり起業初心者にオススメのビジネスモデルを3つ紹介

では、ひとり起業初心者がリスクを背負うことなく安心して安定的な収益化を狙うためにはどんなビジネスモデルがオススメなのでしょうか?

順番に3つ解説をしていきます。

教育・講座系

まずは「教育・講座系」のビジネスです。

教えることが好きだったり、人の成長をサポートすることへの情熱が高かったりする方は断然オススメです。

必要なのは「伝える内容」を整理することと、「伝え方」について学びと実践を重ねることです。

ビジネスモデル

誰に:あなたの強みや経験値から学びを得たい人に

何を:あなたの強みや経験値からクライエントが価値を感じる情報を

どうやって:Zoom・動画・音声・PDFなど

伝える内容について

単に本に書いてあることやどこでも学べることをあなたがなぞっても意味がありません。

ターゲットとなるお客さん・受講生の方にとって最適な形でまとめて整理し直すなど工夫が必要です。

伝え方について

Zoomなどオンラインで生講義をするにせよ、録音・録画してデジタルコンテンツ化するにせよ、わかりやすく伝えるための工夫が必要です。

(動画の編集方法やパソコン・ソフトの使い方も重要ですが、もっと大事なのは「伝えるために必要な言葉の使い方や伝える順番・流れなども含めた構成のデザインにあります)

コンサルタント

コンサルタントは目標達成までの道のりで問題を抱えている方の相談に乗り、課題を切り分けて分析・整理して改善策・解決策を提示する仕事です

大事になるのは「問題の分析」「解決の方向性」を示すことですね。

ビジネスモデル

誰に:客観的に問題を分析して価値提供できるクライエントに

何を:問題の本質を明らかにして解決に向けた方法を提案すること

どうやって:Zoomなどの個別相談

問題の分析

クライエントが悩んでいる・困っている状況にあったとき「問題の本質はどこにあるのか」ということを見定めるのがコンサルの仕事です。

闇雲に手当たり次第行動すると、ますます問題が複雑化することがあります。

目の前の状況を丁寧に紐解いていって、一つ一つの課題に切り分けて整理することで、解決の糸口が見つけられるようになります。

解決の方向性

問題や課題を整理して、介入すべきポイントが見定められたら「具体的なアクション」を提示します。

実際にクライエントさん自身に解決に向けた行動をしてもらう必要がありますので、説得力のある形でわかりやすく伝える技術が必要です。

その他相談系

その他「カウンセラー」「コーチ」など、クライエントとのセッションをサービスとして提供することもできます。

ポイントは「実践力」「ターゲットの見定め」でしょうか。

ビジネスモデル

誰に:あなたのカウンセリング・コーチングを受けたいと希望する方に

何を:カウンセリング・コーチングなどのセッションを

どのように:一定期間、定期的にZoomなどでセッション

カウンセリング・コーチングなどの実践力

認定資格を取っただけで満足することなく、学びと実践を積み重ねることが重要です。

資格は「スタート地点に立った」というくらいに考えて、そこからトレーニングを含めて走り続ける意識が大事です。

ターゲットの見定め

カウンセリングやコーチングで収益化を狙うなら「ターゲット」がずれると大変なことになります。

ターゲットがずれるというのはどういうことでしょうか?

解説すると、押さえておくべき重要なポイントが2つあります。

「クライエントの自主性」「クライエントの支払い能力」です。

私はコーチとしての活動経験の中で「ゴール達成を自ら望み、積極的に自己変革していく人」と「依存傾向で基本的に他責志向」な人とでは結果の出やすさが違うことをしみじみ実感しています。

「あいつのせいで」「お前が悪い」と言い続ける人に「ゴール達成」はあり得ません。

また、「責任を自分で引き受けてゴール達成に邁進する人」でも「支払い能力」がなければ収益を見込むことができません。

ボランティアや社会貢献で事業を展開するのは問題ありませんが、収益化を狙うなら「ターゲット」を見定めるのは重要ですね!

ひとり起業初心者でも安心のビジネスモデル3選 まとめ

ここまで

  • ひとり起業初心者でも安心安定に稼げるビジネスモデルとは
  • ひとり起業ビジネスモデルでリスクが少なく安心できる要素
  • ひとり起業初心者にオススメのビジネスモデルを3つ紹介

このような内容についてお伝えしました。

シンプルにいうと今回お伝えしたかったのは、「リスクを取らず効率よく収益化できるビジネスモデル」と「情熱が燃やし続けられる自分に合ったビジネスモデルを選択し実行すること」が重要だということです。

ただ、実際は「どんなビジネスモデルが効率よく収益化できるのかわらかない」「自分にマッチしたビジネスで情熱が燃やし続けられるものがわからない」という方がたくさんおられます。

その場合はひとり起業家のコンサルなどを受けて「客観的な視点」で分析を加えてもらうと、安心安全なのはもちろん、最短最速で収益を構築することができますよ。

ひとり起業家がビジネスについて学べる会員サイト

今回の内容は「ひとり起業で安心して収益化できるビジネスモデル」についてお伝えしました。

ここで学び取った内容を「頭で理解した」というだけでなくて、「実践して結果を出した」という状態に変えるためには具体的なアクションの繰り返しが必要です。

意識を高く持ち、「行動の継続」「改善と修正」を繰り返せば必ず事業は成長を遂げていきます。

ただ実際は「途中で挫折」「同じ失敗の繰り返し」をしてしまう人が多いです。

結果的に成功を掴み取る人もビジネスが軌道に載るまでに年単位の時間がかかる人が多いです。

そこで、「ひとり起業でできるだけ早く、そしてリスクを取らずに収益化したい」と考えておられる方には、会員限定サイトでさまざまな情報を提供しています。

登録はこちら

ただし、学んだ内容を第三者に公開するなどルール・マナーを守れない方は絶対に登録しないでください。

(お申し込みは人数と期間を限定しています。リンクが無効の場合は受付終了となります。予めご了承ください。)

それでは今回の内容はここまでとなります。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

Well-beingひとり起業

ひとり起業で自分らしい人生を送るために十分なお金を手に入れたい方。
豊かなつながりのもと安心して価値提供したいかを得るビジネスに興味がある方。
未来を見据えてより良い関係性のもと信頼をベースにしたビジネス構築術について学びたい方。
ぜひ会員登録をお済ませください。