【社会福祉士】職場の人間関係ストレスを根本解消!『観察』が最優先?

今回は

社会福祉士の職場の人間関係ストレスを根本から解消するための「観察」

にフォーカスを当ててお届けします。

このブログでは、コーチングやソーシャルワークについて、働き方や大切なものを守り続けるために必要なリソース獲得の方法・お金の稼ぎ方・相談や教育事業の起こし方などについても情報提供しています。(ツイッターはこちら)・(YouTubeはこちら

今回の内容を押さえていただくことで、

今抱えている人間関係ストレスが消えてなくなるだけでなく、今後信頼できる人とのつながりの中で、協力して仕事に取り組めたり、心許せる人たちとの間で穏やかな交流ができる

ようになります。

また

  • 既存の人間関係にとらわれず大事なことに集中できる
  • 未来を見据えて大切な人とのつながりが築ける
  • 仕事もプライベートも最高に充実して本当の意味での幸せや豊かさに気づける

このような状態が手に入りますので、ぜひ最後までチェックしていただければと思います。

こちらをクリックしていただくと、今回の内容を動画でご確認いただけます。

(この記事の最後には特別なお知らせもありますので、ぜひ最後までご視聴いただければと思います)

社会福祉士の人間関係ストレス根本解消→「観察」が決め手!

ではまず、人間関係ストレスを抱えてしまっている時に大事にしていただきたいことについて、私の経験から情報提供していきたいと思います。

重要なのは

「観察」すること

です。

抱えている問題に対処する前の段階として、状況をじっくり観察することが社会福祉士・対人援助職の人間関係ストレスに対処する上で重要な秘訣になると私は考えています。

職場の人間関係をめぐる問題は複雑に絡み合っている?

なぜ「観察」が重要なのか…。

それは、そもそも人間関係をめぐる問題って

複雑に絡み合っていることが多い

からなんですね。

例えば「時間軸」で捉えても、何年も前からの出来事の積み重なりが互いの異なる主張をもとに絡まり合っていることもあります。

さらには、「複数の人間」の関係の中で、「事実認識が違う」「主張が食い違う」という状態もありえます。

そもそも人それぞれ「価値観が違う」ということもありますから、トラブルを解消しようとしても簡単に手がつけられくて思い悩んでしまうことだってありますよね…。

このように絡まりあった人間関係トラブルについてどこから手をつけていい状態かわからなくなることってよくあるのではないでしょうか?

闇雲に手をつけようとすると状況が悪化する

そんな時に、いきなり解決に向けて行動するとどうなるか?

「さらに問題が複雑化して、手がつけられないようになる」

ということになりがちではないですか?

だからこそ重要なのは、

いきなり「手をつける」のではなく、まずは「観察する」こと

なんです。

状況を把握し、複雑な問題についてしっかり受け止めること。

その後、未来に向けて複雑に絡み合った糸を解きほぐすことで状況を好転させることができるということなんです。

誰も人間関係ストレスなんて抱えたくない

ここでそもそもの話ですが、「なぜ仕事で人間関係ストレスを抱えてしまうのでしょうか?」

だって、それぞれのメンバーが業務をこなすことを考えた時に、誰もがストレスを抱えない状態の方がいい仕事ができるわけですよね?

でも「鶏が先か?卵が先か?」ではないですが、トラブルやストレス状態はすでに生じてしまっていることもあるでしょう。

その時に、「誰かに責任を押し付ける」ということをやめて、「みんなで問題を共有しアイデアを出し合って乗り越えていく」ことができればいいですよね?

言うのは簡単!でも実際形にするのは難しい

ただそんな理想の状態って言葉で語るだけは簡単だけど、

実際に形にするのは難しい

と私も感じることがたくさんあります。

とはいえ「理想」を見据えて「現状」を一歩ずつ変えていくことが大事だと考えています。

だって、トラブルやストレスを抱え続ける中で仕事をすると、全然成果が上がらないどころか、問題がこじれていくばかりです。

組織全体も、その構成員全ても悲惨な想いをして、あなたもその煽りを受けて結局のところクライエントさんに負担を負わせてしまうなんて最悪ですからね…。

互いの価値観を尊重し異なる考え方が豊かさを生み出す

そこでやはり目指すべきは、

問題を上手に共有すること

ではないかと思うんです。

例えば、「自分一人では解決できない問題をみんなで解決する」状態だとどうでしょうか?

また、「困ったときに助け合える関係」を目指し「学び合い高め合える職場」を築いてきたいとまずはあなたが考えて、小さくでもできることから変化を加えていくことはできないでしょうか?

変化の第一歩として観察したことを共有すること

その時に重要なのが

いきなり解決しようとしないこと

です。

まずは「みんなで何が起こっているのかをしっかり観察して捉えて共有しよう」ということです。

そうすることで「問題を乗り越えるために今ある状況が共有できている状態」が生まれます。

この状況をまずは作ることが最優先で、誤解や感情的なわだかまりがほぐしていくことが大事だというのが私の経験談でもあります。

現状をじっくり観察し、問題を共有してからみんなで協力して理想の姿に近づくために行動を重ねていくこと。

これが大事なのではないかと思っています。

問題の原因を「特定の人」に押し付けて議論のは最悪

このように、いきなり正解を求めるのではなく、現状をじっくり観察し、それぞれの想いをキャッチし合う段階を踏むことが重要ですね。

でも解決を急ぐあまり、「これがいいんじゃない!」「〇〇してみようよ!」といきなりアイデアを出してしまうことがあります。

またあろうことか、「お前が悪い」「あいつが悪かった」というように特定の人に責任や問題の原因を押し付けてしまうこともよく目にしてきました。

こんな議論を続けていれば、最悪の状態になることが予測されます。

脳内会議・一人会議でも同じ

また、自分の頭の中行われる「脳内会議」でも同じことが言えます。

自分の中で考えを巡らせるときも「事実確認」「現状の観察」が最優先です。

そして、問題を明確にし、解決の方向性を見定めていきます。

例えあなたが人間関係ストレスを感じていた時も、「あいつが悪い」とか逆に「自分が悪い」という思いに囚われていると物事はいい方向に向かいません。

実際に気持ちが態度として出てしまったり、自分も相手も苦しい想いをしてしまうことが多いように感じています。

観察のポイントは冷静さをキープすること

そこで観察を優先して人間関係ストレスを手放す上でのポイントは3つです。

  • 「じっくり丁寧に五感を使って状況を捉える」
  • 「目に見えないことや今まで気づかなかったところに目を向ける」
  • 「感情の揺れを制御しながら、物事をキャッチしていく」

これらが観察のポイントです。

少し解説をしていくと、「急いでなんとかしないと!」という焦りが、状況把握を難しくしてしまうことがあります。

また、目に見えるものだけをみようとしていると、相手の心の内側に潜んだ思いなどが捉えられなくなります。

さらに、「怒りや憎しみなどの激しい感情に囚われながら物事を的確に捉えることは難しい」と言わざるを得ません。

だからこそ、じっくり丁寧に観察し、深く表面上には現れないことまで洞察をし、心の揺れを感知しながら、自分をコントロールしつつ状況把握に徹してみると、人との関係構築やトラブル回避が上手くなりますよ!

まとめ 社会福祉士の人間関係ストレスを根本解消→『観察』

ここまで、人間関係ストレスを解消するには

「観察」が最優先であり決め手

だという話をしてきました。

複雑に絡み合った問題について、いきなり手をつけようとしたり、焦って解決しようとすると問題が悪化することがある…。

だからこそ、まずは現状を紐解いて、観察し状況を共有することから始めることが大事で、そこで得られた情報や構築できた関係性をもとに、一緒に問題解決に向けて取り組むことが重要なのではないか?

そんなことをお伝えしてきました。

重要なのはあなたの思い

ただ、このように人間関係のストレスについて「自分がどこまでの役割を果たせるのか」ということや「問題に向き合って取り組む意味があるのか」ということを、まずは考えていくことも必要なのではないかと思っています。

というのも、複雑にから待った問題を解きほぐすには時間がかかることもあるかもしれませんし、心労が重なってしまうこともあるかもしれません。

情熱を注げる関係かどうか?

だからこそ、あなたがこの人間関係を「心からより良いものにしたい」という強い情熱があることにであれば、あなた自身の決断でアプローチをしていってもいいのではないでしょうか?

逆に、あなたが「そこまでの情熱を注ぎ込む気持ちになれない」というのであれば、現状の関係性と一定の距離をとりつつ、必要に応じて別の職場を探したり異なるコミュニティに属することを視野に入れてもいいのかもしれません。

どのような決断をするにも大事なのは「あなたの思い」ですので、その辺りも含めてまずはあなた自身の人生で大切にしたいものは何かということに、意識を向けて上げることが大事だと私は考えています。

特別なお知らせ

私自身は社会福祉士としての働き方やキャリアについて、また人間関係構築や相談スキルなどについても情報提供をしています。

現在最も力を入れて情報提供しているのは今回の内容でいうと「自分が大切にしたいもの」を見つけることにもつながる『コーチング』に関する情報をお届けしています。

コーチングとは簡単にいうと、

「ゴール」を設定して、自らゴール達成に向けて過去にとらわれず自分を内側から書き換えていくアプローチ

です。

目先の目標や現状の当たり前にとらわれることなく、自分が本当に大切にしたいことと向き合い、ゴールから逆算して今あるべき自分の行動や姿勢を意識し実践することで、ゴールがぐんぐん近づいてきます。

そのゴールを追いかけるプロセスそのものが幸せで充実感に溢れ、素敵な出会いが次々ともたらされて豊かな人生を送ることができるんですね!

このようなコーチングについて「少し話を聞いてみたい」という方や「自分軸やゴールってどうやって見つけるのか」ということについて興味があるという方は、現在展開している企画にお申し込みください。

1時間Zoomでお話を伺い、情報提供させていただく企画です。

申込者には特別にセルフコーチングの基礎に関して解説した動画もプレゼントいたします。

興味がある方はぜひこの機会にお申し込みください。

こちらから

(リンクが切れている場合は申し込み終了となります)

(残された枠があとわずかとなっていますが、この機会に1時間お話しをして これからの人生で大切なものに気づき、それを守り続けたいと言う方は、ぜひお申し込みいただければと思います。)

それでは今回お伝えする内容はここまでとなります

最後まで読み進めてくださりありがとうございました。